群馬県立桐生高等学校
平成29年度末
○公募する教員

1 教科及び進学指導に秀で、生徒の学力向上と進路実現に向けて意欲的に取り組む教員

2 部活動指導に熱意を持ち強い指導力を有するとともに進学指導にも取り組み、生徒への文武両道の指導を実践できる教員

3 スーパーサイエンスハイスクール事業等の探究的な学習の推進に積極的に関与しようとする意欲と実行力を持っている教員

4 教育活動全般における諸課題の本質を見抜く洞察力と、それを解決しようとする意欲と企画力を備え行動できる教員


○学校紹介

 1917年(大正6年)創立、長い歴史と伝統を誇る県下屈指の進学校で、生徒の進路実現に向けて、更なる飛躍を目指している。部活動等では、県総体をはじめ各種競技会で常に上位の成績を挙げている。生徒の自主性を重んじ文化祭や運動会などは生徒が主体的に取り組んでいる。
 平成10年に理数科を設置し、1学年は普通科(男子)5クラス、理数科(男女)2クラスである。なお、平成30年度からは新高校開設に向け、1クラス減となり普通科(男子)4クラス。平成19年度より文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール」に3期連続で指定され、継続して事業を推進するとともに、併せて新高校開設に向けての準備を進めている。

○教育課題

1 規範意識と社会性の向上を目指す基本的生活習慣の確立
2 予習を学習の基本に据えた学習習慣の確立と部活動との両立
3 学校全体の教育活動を通して学力の3要素をはぐくむ実践
4 「主体的・対話的な深い学び」を踏まえた授業改善
5 スーパーサイエンスハイスクール事業等の探究的な学習の推進
6 学校公開や外部評価等を通して社会に開かれた学校づくりの推進