桐高校章 群馬県立桐生高等学校
ハイスクールガイド

 郵便番号 376−0025 桐生高校周辺地図
 群馬県桐生市美原町1−39
 電 話 0277−45−2756
 FAX 0277−44−2439
 ホームページアドレス
  http://www.kiryu-hs.gsn.ed.jp

 メールアドレス
  kiryu-hs@edu-g.gsn.ed.jp
JR桐生駅より徒歩5分  上電西桐生駅から徒歩15分

『桐高(きりたか)は、志のある「あなた」を待っています』
校長 森泉 孝行
 本校は「独立自尊」、「文武両道」を校訓としています。生徒は自らを鍛える気概を持って、日々の学習や部活動に真剣に取り組んでいます。
 桐高で自分の夢や目標を育み、その達成に向けて自分を高めたいと思うあなたを待っています。
学 年 1 年 2 年 3 年 合 計
学科名 普通科
理数科
男女
普通科
理数科
男女
普通科
理数科
男女
3学年
合計
4クラス 2クラス 5クラス 2クラス 5クラス 2クラス 20クラス
定 員 160名 80名 200名 80名 200名 80名 800名
桐生高校正門
 1 本校の特色
 本校は、1916年(大正6年)に町立桐生中学校として設立されてから、今年で101年目を迎えました。
 これまでの卒業者数は2万4千名を超え、国内、国外のあらゆる分野で活躍しています。
 平成10年には理数科を新設し、現在、1学年普通科(男子)、理数科(男女)、3学年全体で791名の生徒が在籍しています。
 昨年度から3期連続3回目の「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」の指定を受け、従来の理数科だけでなく、全校生徒で地域(桐生)をテーマとした探究的活動を行う、新たなプログラムに取り組んでいます。
 「真理を愛し、公正な判断力と実行力を有する人物を養う」、  「自由と平和を愛し、責任と礼儀を重んじる民主的な人格を養う」、  「明朗健康にして、勤労を尊ぶ精神を養い、かつ、勤労にたえる身体をつくる」 を教育目標に掲げています。

 2 本校の教育課程
(1) 教育課程の特色
 【普通科】1年次に行われるガイダンスをとおして自分の適性・進路を決定し、2年次から文系と理系に分かれます。選択の幅を広くし、多様化する大学受験科目に十分に対応できるカリキュラムが用意されています。2年次以降、それぞれが将来必要となる教科科目の学習を深めます。
 【理数科】将来自然科学系分野で活躍する人材の育成を目指し、理数科目に重点を置いた教育を行います。


(2) 学習活動の特色
 日々の授業に真剣に取り組むことで、幅広い知識・教養と大学受験に対応できる確かな学力を身に付けることを目指しています。予習を基本に据えた学習指導を進めるとともに、個々の学力に応じたきめ細かい指導ができるよう、英数では少人数授業や習熟度授業も実施しています。
 また、異文化理解のためのコミュニケーションツールとしての英語力強化のために、実用英語検定全員受験を行っています。
授業風景 SSH授業風景1 SSH授業風景2

 3 特色ある活動
(1) 主な学校行事(予定も含む)
宿泊オリエンテーション(4月)
大運動会・山紫祭(6月:隔年で交互に実施)
学習合宿(8月)
球技大会(9月)
マラソン大会(11月)
修学旅行(11月:2年) 大学見学(11月:1年普通科) 筑波研修(11月:1年理数科)
予餞会(12月)
ベトナム研修(12月)
SSH米国研修(3月)
大運動会 火文字 筑波研修

(2) 部活動
【特別委員会等】
図書,吹奏楽,応援指導,リサイクル環境
【運動部】
硬式野球,軟式野球,テニス,ソフトテニス,バスケットボール,バレーボール,ハンドボール,卓球,ラグビー,バドミントン,サッカー,陸上競技,剣道,弓道,山岳,水泳,空手道,少林寺拳法
【学芸部】
地歴,物理,化学,生物,地学,美術,文芸,演劇,JRC,写真,アニメーション,コンピュータ研究,園芸
【同好会】
フットサル,囲碁・将棋,調理
バドミントン部 少林寺拳法部 物理部

各部の成績や活動状況は桐生高校ホームページでご覧ください。

 4 進路状況
○平成30年度入試の現役大学合格率(大学合格者数/大学志願者数)は89.2%でした(昨年89.4%、一昨年85.7%)。また現役生の合格者数(のべ)の内訳は、国公立大125名(昨年106名、一昨年109名)、私立大521名(昨年443名、一昨年367名)でした。

○桐生高校のキャリア教育は「上昇桐生」と名付けられ、1年次より様々な進路関係行事を行い、生徒自身に進路について考えさせる機会を数多く提供しています。

○主な合格大学(現役生)
国公立大学(抜粋)
北海道大,弘前大,東北大,山形大,福島大,茨城大,筑波大,宇都宮大,群馬大,埼玉大,千葉大,お茶の水大,横浜国立大,新潟大,上越教育大,富山大,金沢大,信州大,静岡大,滋賀大,九州大,長崎大,群馬県民健康科学大,群馬県立女子大,高崎経済大,前橋工科大,都留文科大,首都大東京 等
私立大学(抜粋)
青山学院大,学習院大,慶應義塾大,駒澤大,芝浦工業大,上智大,専修大,中央大,東京理科大,東洋大,日本大,法政大,明治大,立教大,早稲田大,同志社大,立命館大,近畿大,関西学院大 等

進路資料の詳細は桐生高校ホームページでご覧ください。

 5 桐生高校生からのメッセージ(平成30年卒業生の合格体験記より抜粋)
○部活が忙しいから勉強ができないと言い訳していても成績は上がりません。通学時間、10分休み、電車を待つ時間など活用できる時間はたくさんあるはずです。僕が所属していた陸上部では部活の休憩時間にお互いに問題を出し合っていましたがこれもオススメです。とにかくあなたがゲームをしている間にやっている人との差は広がっています。早く机に向かいましょう。
(陸上競技部所属,筑波大学人文・文化学群比較文化学類入学)

○先生を利用しましょう。極論を言えば先生は道具であり道標です。適度な緊張感と個々の問題点を見出し与えてくださいます。みなさんが思った以上に親身になって相談に乗ってくださいます。授業後にわからなかったことを聞くだけでなく、恥ずかしがらず基本から教わり直すことも必要です。また、私は勉強時間を気にしながら勉強していました。より長くというわけでなく実際の試験の長さのみ勉強し、しっかり休憩を取るというものです。必要なのはより長く集中する力よりも、意識して時間に集中できる力です。
(コンピュータ研究部所属,前橋工科大学建築学部入学)
◎桐生高校は桐生女子高校と統合し、平成33年4月、新高校が開校します。
     詳しくは、新高校のホームページをご覧ください。