桐生地区朗読会
H10年12月19日(土)


プログラム

感想

総括
日本語が乱れているという最近の状況の中で、その中心たる高校生の日本語に対する意識変革につながったと思う。人間の個性が出る朗読は自己の確立にも大変良いのではないか。それにしても石橋先生の朗読は良かった。