群馬県立桐生高等学校
 山岳部
 桐生高校HOME部活動・委員会>山岳部

 活動内容

 練習時間
   ・基本的な活動日は、月曜日・水曜日・金曜日の放課後
 練習内容
   ・吾妻山での体力トレーニング
   ・山域研究(読図、地形、天気、救急法)
   ・テントの設営、整備
   ・合宿(月例山行、夏山合宿、冬山合宿、スキー合宿、研修会 など)
 部員数   三年生 6人  二年生 2人  一年生 4人

 大会成績

 ・平成28年度
     高校総体(小野子山、子持山) 一部8位、二部出場
 ・平成27年度
     新人大会(猿ヶ京) 個人7位
  高校総体(赤城山) 一部8位、二部出場
   
   
   

 中学生向けQ&A

 Q.  文武両道は出来ますか?
 A.  可能です。
 基本的に平日練習で帰りも遅くならないので大丈夫です。
 また、山岳部には生きる術を学ぶのに最適な環境がそろっているため、独立自尊を目指すことができます。

 Q.  登山は危険ですか?
 A.  何かと危険なイメージを持ちかねない山岳部ですが、日々の練習をしっかりと積み基礎知識を身につけることで、危険は回避できます。

 Q.  高校総体は何をするの?
 A.  体力、山の知識、チームワークなどを競い優勝を目指します。
 優勝すると、インターハイ出場が決定します。
 高校総体では在学三年間で群馬県を代表する3つの山(赤城・榛名・子持)の頂に立つことが出来ます。また、他校との交流会もあります。

 Q.  登山経験がなくても大丈夫ですか?
 A.  安心してください。部はほとんど初心者の集まりで最初のうちは未経験の状態ですが、経験を積んでいくことで上達していきます。初心者大歓迎!


 近年の活動実績(定期的に更新します)

 ●29年度

 ・高校総体(5月12日〜14日)
  ここ数年、あと一歩のところで力及ばず入賞を逃し続けてきた山岳部ですが、本年の高校総体ではその雪辱を果たし、念願の関東大会出場権を獲得することができました。
  山岳競技は体力・知識・実技・生活技術など、複数の観点より審査され順位が決定します。言わば、人間が生き抜くための「総合力」が問われるのが山岳競技です。
  今年の躍進を次年度以降にもつなげ、桐生高校山岳部の活動が益々盛んになることを期待しています。


 ・総体事前合宿(5月3日〜4日)
  今年の高校総体は榛名山で実施されます。総体本番に向け、1泊2日で事前合宿を実施しました。
  地図を読みながら規定のコースを下見し、本番と同様のメニューで炊事の練習もしました。万全の態勢で本番に臨みます。
  尚、この合宿は本年度山岳部に入部した新入生にとって初めての合宿となりました。
  テントでの生活、野外での炊事、重いザックを背負っての縦走など、初めての経験ばかりで戸惑いがみられましたが、皆、頑張りました。

  
  
  

●28年度

 ・10月 月例山行(三峰山)
  後閑駅からの周回コースで読図トレーニング。紅葉していました。
  埼玉の三峰山ではありませんのでご注意!

  

 ・9月  月例山行(谷川岳 白毛門、朝日岳)
  土合駅よりピストン(往復)で日帰り登山。谷川岳東面の岩壁群を見渡すことができる稜線上の登山道らしいが、生憎の天気であった。次回に期待したい。

  

 ・8月  月例山行(桐生 吾妻山、大形山)
  学校 部室から桐生の山を読図しながら縦走(半日)


 ・夏山合宿(愛媛県 石鎚山) 
  昨年同様、夜行バスを利用して四国まで行ってきました!
  夏山で青森県や四国等、遠方の個性的な山域で合宿を実施する僕たちのスタイルは、他校や友人、学校の先生たちを驚かせます。
  今回も8/15〜19の四泊五日でした。石鎚山は西日本最高峰の山で今なお山岳信仰が深く息づいており、霊場巡りのお遍路さんにも出会いました。
  はじめのうちは天候が優れず、体調を崩す部員もいましたが全員の力でカバーし、無事に登頂しました!
  山頂からは霧がいい感じにかかった雄大な山々を眺めることができました。
  また、スキー場のゲレンデで幕営したり、四国の秘湯に入浴したり、楽しく思い出に残る合宿になりました!

  
        
  

 ・ファーストエイド講習会(金山)
  7/25 群馬県山岳連盟主催の、遭難と応急手当(ファーストエイド)講習会が、太田金山ガイダンス施設で行われました。

  

 ・3年生引退合宿(鳳凰三山)
  5/27〜29の二泊三日で南アルプスの鳳凰三山(地蔵岳・観音岳・薬師岳)に行きました。
  三年生にとっては最後となる今山行は、大成功でした。
  特に、まだ暗いうちに登り始め観音岳から見た日の出は、疲れが吹っ飛ぶくらいの、幻想的で、言い表せないような絶景で、格別でした。

  
  

●27年度

 ・冬季リーダー研修会(尾瀬)
  桐高としては久しぶりの参加でした。日程は3/27〜30の三泊四日です。
  そして、今回が尾瀬で実施する最後の研修会ということで、OBの方々も参加していました。
  快晴の中、ワカンを装着し慣れない雪の積もった登山道を歩いたことは、僕たちを興奮させ、楽しませてくれました。
  また、雪山での救助方法で雪洞を作ったり、ソリを作ったりもしました。

  
  

 ・スキー合宿(宝台樹スキー場)
  27年度より開始したスキー合宿。第一回は 一泊二日で実施しました。
  暖冬・シーズン末期ということもあり、当初予定と変更し、積雪の多い宝台樹スキー場で実施しました。
  また、水上温泉街の旅館に泊まることができ、温泉にも入りました。

  

 ・秋季合宿(八ヶ岳)
  シルバーウィークを利用して、一泊二日で合宿を行いました。
  山の中の冷え込みは厳しく苦労もありましたが、天気も良く、硫黄岳山頂からは素晴らしい雲海を眺めることができました。

  
 ・冬季合宿(上野村 高反山)
  一泊二日で北関東最大の鍾乳洞である不二洞の視察や、周辺山域で登山をしました。

  

 ・夏山合宿(青森県 八甲田山・岩木山)
  夜行バスなどを利用して、 8/2〜6の四泊五日で行ってきました!
  天候がすぐれませんでしたが、人一人いない、源流の登山道を歩くという
  貴重な経験ができました。幕営地は酸ヶ湯温泉という秘湯で、入浴もしました!
  暑すぎもせず、北東北の自然を楽しみながら、清々しい登山でした。
  岩木山山頂からは、津軽湾を眺めることができました。

  
  
  

 その他

中学では経験出来ない部活、それが山岳部です。だから当然全員初心者!苦楽を共にし山を歩き、テントで寝て、同じ釜の飯を食べ、そして登頂する。最高の眺めを僕らと共有しましょう!!

○川柳  山行くと
   世界が変わるで
    おいでやす〜


夏休み
 みんなでいこうぜ
  百名山〜


   ※写真などを提供して下さった先生方、部員の皆様、大変ありがとうございました!(部長)