群馬県立桐生高等学校
 応援指導委員会
 桐生高校HOME部活動・委員会>応援指導委員会

 紹介

 昭和34年発足。伝統の応援の技は、県内最多出場の甲子園で培われました。
 今も桐高を縁の下から支え続けています。


 活動内容

 練習時間

 ・昼休み(必要に応じて随時招集)
 ・休日の午前または午後


 主な活動内容

  ・練習(体型、発声、バック、リーダー)
  ・各種応援(硬式野球部、各部活動等)
  ・リーダー演技(壮行会、山紫祭・水明杯争奪大運動会の仮装行列・後夜祭等)
  ・合同リーダー公開(太田高校、前橋高校、高崎高校応援団)


 委員数

  ・17名(3年4名、2年2名、1年11名(各クラスの委員))※H29年6月現在

 
 活動実績

   <平成28年度>

   4月 新入生応援指導、硬式野球部春季大会応援、県高校総体壮行会
   5月 関東大会壮行会
   6月 水明杯争奪大運動会後夜祭、夏季強化合宿
   7月 全国大会壮行会、硬式野球部選手権大会応援、軟式野球部大会応援
      第9回合同リーダー公開
   8月 桐生高校学校説明会
   9月 軟式野球部秋季大会応援
  10月 関東・全国大会壮行会
      幹部引き継ぎ式
  11月 シルバー祭(市シルバー人材センター)
  12月 予餞会(3年生の壮行)
   1月 新年入魂式
   3月 卒業生への応援(卒業式)
      春季強化練習

合同リーダー公開(桐高、高高、前高、太高)
 主なリーダー

   <歌唱リーダー>

   ・群馬県立桐生高等学校校歌
   ・応援歌「みな元気だよ」
   ・第二応援歌「感激の桐高」
   ・「ゲンゲロゲンのゲン」

   <特殊リーダー>

   ・雷電の拍手
   ・必勝の拍手
   ・勝利の太鼓

   <その他のリーダー>

   ・野球リーダー
雷電の拍手
必勝の拍手
ゲンゲロゲンのゲン
勝利の太鼓
 活動の様子

県高校総体壮行会
硬式野球部応援
山紫祭・大運動会後夜祭

 中学生向けQ&A

 Q1. 他の部活動との掛け持ちは可能ですか。
 A.  可能です。練習は昼休みにもあります。休日の練習は出られるときだけで大丈夫です。実際、ほとんどの委員は、他の部活動と掛け持ちをしています。
 Q2. 委員会ということは、部活動ではないのですか。
 A.  1年生は各クラスから選出される委員で構成されます。2年以降は希望者により構成されていますので、実質的には部活動と変わりありません。